カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

子ども手当2010

質問の仕分け

「質問の仕分けも必要だよね」。隣の席の玉城デニーさんがそう話しました。16日午後1時からの本会議でのことです。「本当にそうだ。仕分けをしてみようか」と私は答えました。

この日の本会議では、公債発行を可能にする「公債発行特例法」や「所得税法等改正」など、新年度の予算を確保するための法案の趣旨説明がありました。そのご、民主、自民、公明、共産の各党の議員がそれぞれに質問した後、採決が行われ、いずれの法案も民主党などの賛成多数で可決しました。本会議は約3時間半。かなり長く感じるものなんです。

というのは、質問が面白くない。面白くないというと語弊があるかもしれませんが、法案について実質的な議論をする時間よりも、揚げ足をとる質問や激しい批判にさいている時間が多いからです。特に、自民党は公明党の質問にその傾向が強い。なんとか議会改革はできないものでしょうか。しっかり考え、取り組む課題の一つです。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/02/17 4:30 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック